埼玉県在住の広島県出身主婦が帰省した時に必ず手にいれるものは・・・

こんにちは!ochocoです。

久しぶりに帰省しました。せっかくなので、ochocoが帰省の時に必ず手に入れるものについてご紹介します。

帰省のたびに購入するもの(定番品)

ochocoの実家は広島県広島市です。

遠く関東に引っ越して早10年が過ぎましたが、毎回広島に帰ると行く場所があります。

それが・・・みんな大好き ひろしま夢プラザ です。

ひろしま夢プラザ

ひろしま夢プラザは、広島市中区の本通り商店街の、真ん中辺りにあるお店です。

広島県内の市や町のあらゆる旬の情報と特産品が手に入ります。

広島観光(土産購入)としても大活躍ですが、毎月いろんなイベントを実施していて、広島県民も知らない情報や品をたくさん手に入れる事ができる地元主婦の憩いの場です。

ochocoも帰省時には必ず商品チェックに伺います。

新商品はもちろんですが、普段使いの定番品も充実しています。これから紹介する品は、もう10年以上購入を続けているものばかりです。

尾道のいか天かす

まず一番目に紹介するのは 尾道のいか天かすです。

広島名物 お好み焼き を作るのに欠かせない名脇役ですが、こちらの天かすは、カリカリ・サクサクはもちろん、しっかり いか天 の風味がついています。

時々、大きめな いか天 が紛れている事もあり、それを見つけた時にはテンションが上がります。

お好み焼きや焼きそばにはもちろんですが、うどんやそばにも合います。お味噌汁に少し入れても美味しいですよ。風味が増してアクセントとして大活躍です。

あと、白ネギの微塵切りと一緒に、冷奴の上にのせて 麺つゆ をかけて食べるのも大好きです。

1袋60g入りで、たったの140円(税込)。1度使ったら、他の天かすに戻れない事、必須です!

ochoco

余談ですが・・・東京の広島風お好み焼き屋さんで「トッピングは天かすで!」と注文すると、かなりの確率で「広島出身?」と聞かれます。通のフリができるよ。

自然農法 門藤農園 古代米 黒米

次に紹介するのは、古代米 黒米です。

地味~という声が聞こえてきそうですが・・・定番品というのはそういうものです。

ただ・・・侮る勿れ、門藤農園さんの黒米は、自然農法で生態系を破壊する物質を避け、土の持つ本来の力を引き出して、生命力あふれる土で栽培した古代米で、ビタミンや鉄分、りん、カルシウムなどのミネラルを、多く含んでいる健康食です。

もちろん栄養満点も大切な要素ですが、ochocoは、1袋200gで432円(税込)のお手頃お値段の上、白米と一緒に炊くと、お赤飯のように赤くモチモチとした食感のご飯に炊きあがるところが大好きです。

ochocoはお弁当用のご飯に、黒米+白米ご飯を使用していますが、不思議なことに普通のお弁当もご飯が赤いだけで、少しお洒落にみえてきます。

そう思ってるのは君だけじゃないの?

とっくりさん

是非、お試しあれ!ちなみに、赤米もあります。ochocoは黒米派ですが、食べ比べてみるのも楽しいかも!

北海道産 焼ほたて

そして・・・まさか!の北海道産 焼ほたてです。

「裏切者~」という声が聞こえてきそうですが、販売者はしっかり広島県内業者なので、ギリOKでしょう!

こちらのお店に置いてある焼ほたては、1袋14gで140円(税込)。いつも籠に大量に置いてあるので、ochocoも10袋以上、大量購入します。

なぜなら、ochoco母の大好物なので、半分以上はお裾分けすることになるからです。

そのまま食べても、もちろん美味しいのですが、ochoco母のお気に入りは、一晩お酢につけ、そのお酢と一緒に酢の物を作るという食べ方です。

例えば・・・いつものキュウリの酢の物が、ほたて&ほたて風味のお酢を使うことで、簡単に高級酢の物に変身します。この一晩つけてホタテエキスを抽出する方法、他にもいろいろ応用ができますよ。

帰省の度に購入するもの(お土産用お菓子)

広島のお菓子といえば、「もみじ饅頭」や「八天堂くりーむパン」などが有名ですが、ochocoのお勧めは、これから紹介する2商品です。

今回は、コロナ禍のためお土産購入は控えたので、写真がなくてごめんなさい。

くにひろ屋 洋酒ケーキ

ochocoイチオシは、くにひろ屋さんの洋酒ケーキ です。

きめの細かいカステラに最高級のラム酒とブランデーを効かせたシロップを、たっぷりと含ませた香り高いケーキです。

この洋酒ケーキ。ochocoが子供の頃から食べてました。(昭和36年発売との事です。)

その頃は町の小さなパン屋や商店に置いてあるケーキで、お土産品っていう感じではなかったです。手作り感満載で、5個入り1パックが定番ですが、洋酒シロップの染み方がマチマチで、染みすぎてベチャベチャになっているものもあれば、殆ど洋酒が染みてなく、「ただのカステラなのか?」と、つっこみたくなるような物もあったりと、袋を開けるまで、どれに当たるかわからないので、ドキドキしながら選ぶのも楽しかったです。

どのタイプが好きかも、好みで分かれますが・・・ochocoは洋酒シロップが染みすぎてる物を食べると、顔が赤くなってしまうので、うっすら染みてる位のが好きでした。

この洋酒ケーキ・・・ochocoの記憶では、15~6年前位までは、ひろしま夢プラザや、地元の商店・スーパーにしか置いていなかったと思うのですが、いつの頃からか、広島駅や広島空港などのお土産品売り場で見かけるようになりました。

しかも、昔はパック入りしかなかったのに、今は綺麗に箱詰めされています。もちろん、洋酒シロップも程よい加減で均等に染みていて、味のバラツキもありません。すっかり洗練されて広島銘菓の仲間入りをしてしまいました。嬉しいような、寂しいような。。。

ochoco

成長して親離れする子供を見送る親の気持ち・・・
洋酒ケーキからすると、余計なお世話ですね

とっくりさん

もちろん有名になっても変わらず美味しいです。ちなみに、常温でも十分美味しいのですが、冷たく冷やして食べるのが絶対オススメです!

ひろしま夢プラザだと、パック入り(5個入 650円税込)と箱入り(6個入 860円税込)の両方が置いてあるので、機会があれば是非お試しください!

向栄堂 瀬戸田レモンケーキ

広島と言えばレモンケーキも有名です。ochocoも大好きです。

数あるレモンケーキの中でも、イチオシは 向栄堂 瀬戸田レモンケーキ です。ここ数年で限定すれば、向栄堂さんのレモンケーキしか買っていないと言っても過言ではないです。

特徴は、小さめサイズ。レモン果汁と摺り下ろしたレモンの皮が混ぜ込まれたスポンジ生地を、たっぷりのレモンチョコでコーティングしています。

それだけ聞くと、甘ったるいケーキを想像してしまいますが、甘さ控えめのとても上品なレモンチョコなので、口当たりも軽く、何個でも食べられます。

お店は、広島県尾道市にあるため、直接伺うのは難しいですが、広島のデパ地下で、時々見かけますし、広島の名産と贈答品を扱っている 長崎屋さん にも置いてあり、ochocoは、いつも長崎屋さんで購入しています。

ochoco

長崎屋と夢プラザは近くなので、いつもハシゴしてしまう!

 

今回、完全にochocoの独断と偏見のみでpick upした商品はいかがでしたか?どれも昔から地元で愛されてきた商品です。向栄堂さん以外は、ひろしま夢ぷらざの公式HPでも購入可能です。良かったら広島の味を楽しんでみてください。では、また

 

ひろしま夢ぷらざ

広島市中区本通8-28

電話;082-544-1122

営業時間;10:00~19:00